活動記録

オホーツク海は、ロシアと日本の排他的経済水域として、豊かな水産資源を生み出すだけでなく、直接国境が接していない中国やモンゴルなど、アジアの近隣諸国にとっても、重要な役割を果たしています。また、オホーツク海は、北半球で流氷が形成される南限に位置し、暖流や寒流の影響を受けることから、独特の生態系ができ、豊かな生物多様性を生み出しています。

 

最近の研究により、海流だけでなく、陸地が大きく影響して、オホーツク海や親潮域の生産性や生物多様性を左右することがわかってきました。中でも、オホーツク海へそそぐもっとも大きな川、アムール川は、高い生産性を誇るオホーツク海や親潮域に大量の溶存鉄を供給していますが、大陸規模の広大な陸面と外洋の間に、物質的・生物的なつながりがあることが、我々の研究により明らかになりました。つまり、アムール川同様、オホーツク海や近隣の親潮域が、海と陸の境界を越える巨大な生態系を創り出しているのです。アムール・オホーツク生態系のメカニズムを解明することや、その自然環境の未来を考えることは、アムール川流域の国々やオホーツク海近隣諸国にとって、非常に重要な問題と言えます。

 

しかし、近年の東北アジアでの様々な人間活動が、アムール川の水質を悪化させ、しいてはオホーツク海へも影響を及ぼすことが危惧されています。そのため、我々研究者は、今後の人間活動がどれほどオホーツク海へ影響を及ぼすかに注目し、研究を続ける予定です。また、この地域の持続可能な発展を守るために我々がすべきことは、学術的知見を深め、環境保全や生態系の持続可能な活用を進めることであるという、共通認識をもつに至りました。

 

オホーツク海地域およびアムール川流域には、中国、日本、モンゴル、ロシアの4カ国の国境が接しています。そのため、この地域の環境保全のためには、4カ国の協力が不可欠となります。これまで、この4カ国の政府間レベルの環境保全に関しては、2国間では様々な枠組みが設けられてきましたが、多国間で合意した枠組みは存在しませんでした。研究者レベルでさえ、いまだに十分な情報共有はされておらず、問題意識を共有する機会に恵まれていないのが現状です。だからこそ、共通認識を持った研究者が、2国間の枠組みの範囲や国際法上の権利・義務の範囲を考慮しつつ、また各国の法的義務に十分配慮した上で、こうした問題について議論することが重要です。また、オホーツク海やアムール川流域の保全のためには何が必要か、常に情報交換・意見交換をすると同時に、情報共有の必要性について話し合い、研究・活動の上で各国が協力することが不可欠であるという結論に達しました。

 

こうした背景の中、札幌で開催された国際シンポジウム「オホーツク海の環境保全に向けた日中露の取り組みに向けて」を機に、2009年11月8日アムール・オホーツクコンソーシアムは設立されました。2日間にわたり、アムール川やオホーツク海流域の環境問題について様々な議論が繰り広げられ、シンポジウムの終わりには、参加した全員が「オホーツク海とその周辺地域の環境保全に向けた研究者による共同声明」に賛同し、アムール・オホーツクコンソーシアムが立ち上がりました。

 

共同声明

英語 (PDF)

日本語 (PDF)

中国語 (PDF)

ロシア語 (PDF)

Bookmark this on Hatena Bookmark
Share on Facebook

コメントは受け付けていません。