2011

北海道大学サステナビリティウィーク2011
第2回アムール・オホーツクコンソーシアム国際会合2011
~環オホーツク地域の環境データ共有化にむけて

ポスター画像

日時:平成23年11月5日(土)~6日(日)

会場:北海道大学学術交流会館 第一会議室(札幌市)

主催:

北海道大学 低温科学研究所

北海道大学 スラブ研究センター

北見工業大学 未利用エネルギー研究センター

総合地球環境学研究所

 

共催:

会議報告(開発こうほうNo.582)

北海道大学グローバルCOEプログラム「境界研究の拠点形成」

国土交通省北海道開発局

道総研 環境科学研究センター

北海道漁業環境保全対策本部

協賛:

三井物産環境基金

 

使用言語:ロシア語・中国語・日本語(同時通訳あり)


概要:

プロシーディングス (PDF 5.14MB)

世 界でも最高位の生物生産性と生物多様性に恵まれた海、オホーツク海は、近年の地球温暖化やアムール川流域の急速な開発によって、大きく影響を受けようとし ています。この問題を未然に防ぐべく、オホーツク海を領有する日本とロシアはもちろん、アムール川を通じてオホーツク海に影響を与える中国とモンゴルを加 えた多国間学術ネットワーク”アムール・オホーツクコンソーシアム”が2009年11月に設立されました。本企画は、この組織の第二回目の国際会議です。 市民と学生にも参加してもらい、越境環境という地域の共有財産をいかにして保全し、未来世代へと引き継ぐかを学際的な立場から議論することを目的としてい ます。

セッション1:アムール川流域の環境とその変化

セッション2:オホーツク海の環境とその変化

セッション3:福島第一原発事故とその海洋環境への影響

セッション4:アムール・オホーツク地域の社会と経済

セッション5:環オホーツク地域の環境保全に向けた国際連携

総合討論環オホーツク地域の環境データ共有化にむけて

 

実行委員会:

[委員長]

江淵 直人 北海道大学低温科学研究所・教授 環オホーツク観測研究センター長

[実行委員]

白岩 孝行 北海道大学低温科学研究所・准教授

田畑 伸一郎 北海道大学スラブ研究センター・教授

岩下 明裕 北海道大学スラブ研究センター・教授

花松 泰倫 北海道大学スラブ研究センター・学術研究員

庄子 仁 北見工業大学 未利用エネルギー研究センター・教授

谷口 真人 総合地球環境学研究所・教授

阿部 健一 総合地球環境学研究所・教授

アイスン ウヤル 総合地球環境学研究所・助教

土肥 諭志 国土交通省北海道開発局・社会開発係長

鮎田 名穂子 国土交通省北海道開発局・開発専門職

福山 龍次 北海道立総合研究機構 環境・地質研究本部 北海道環境科学研究センター・研究主幹

野口 泉 北海道立総合研究機構 環境・地質研究本部 環境科学研究センター・研究主幹

大西 健夫 岐阜大学応用生物科学部・助教

石川 清 北海道漁業環境保全対策本部・事務局長

藤谷 直樹 北海道漁業環境保全対策本部・事務局職員

篠原 琴乃 アムール・オホーツクコンソーシアム事務局

 


 

 

プログラム

2011年11月5日(土)———————————

10:00-10:10           開会の辞 本堂 武夫(北海道大学 理事・副学長)

10:10-10:15           コンソーシアム代表挨拶 江淵 直人(北海道大学低温科学研究所)

10:15-10:25           趣旨説明 白岩 孝行(北海道大学低温科学研究所)

セッション1: アムール川流域の環境とその変化

座長: 長尾 誠也(金沢大学環日本海域環境研究センター)

10:25-10:50

イリーナ・デュギナ (ロシア連邦水文気象・環境監視センター)

「アムール川流域ロシア領における連邦政府による水文・水文化学モニタリング」

スライド (0.7MB)

10:50-11:15

オユンバートル・ダンバラジャー (モンゴル水文気象局)

「モンゴル国ヘルレン川流域における水資源・水文観測・社会経済ならびに環境問題の現状」

スライド (1.5MB)

11:15-11:40

ウラジミール・シャーモフ (ロシア科学アカデミー極東支部・太平洋地理学研究所)

「アムール川流域における近年の気候変化と河川起源鉄の挙動に及ぼす影響」

スライド (3MB)

11:40-12:05

リュボフ・コンドラチェバ (ロシア科学アカデミー極東支部・水生態学研究所)

「河川結氷期におけるアムール川の汚染と生態学的危険性の諸要因」

スライド (1MB)

12:05-12:30

陳 欣・黄 斌 (中国科学院・瀋陽応用生態学研究所)

「三江平原の自然・耕作湿地における水と栄養塩の生態学的共通管理」

スライド (1MB)

12:30-12:55

大西 健夫 (岐阜大学応用生物科学部)

「アムール川流域における溶存鉄の生成と輸送のメカニズム-プロジェクトでどこまでわかったのか?」

スライド (3MB)

12:55-14:30           昼食

 

セッション2: オホーツク海の環境とその変化

座長: 庄子 仁(北見工業大学 未利用エネルギー研究センター)

14:30-14:55

西岡 純 (北海道大学低温科学研究所),ユーリ N.・ボルコフ,アレクセイ・シェルビーニン(ロシア極東水文気象研究所)

「海氷がオホーツク海の生物地球化学的過程に果たす役割」

スライド (1.4MB)

14:55-15:20

イゴール・ミネルビン (サハリン州立大学)

「オイル・ガスプロジェクトに対するオホーツク海の海氷モニタリング」

スライド (3MB)

15:20-15:45

エフゲニー・カラシェフ (ロシア極東水文気象研究所)

「極東海域の生態学的状況に関するモニタリング」

スライド (0.3MB)

15:45-16:15           休憩

 

セッション3: 福島第一原発事故とその海洋環境への影響

座長: 阿部 健一(総合地球環境学研究所)

16:15-16:40

池田 元美 (北海道大学 名誉教授)

「東日本大震災による汚染を解明し解決するため海洋科学専門家が進める協同」

スライド (0.4MB)

16:40-17:05

福山 龍次 (道総研 環境科学研究センター)

「北海道周辺海域の放射性物質のモニタリング結果について」

17:05-17:30

保高 徹生 (産業技術総合研究所)

「土壌中の放射性物質の状況、挙動、そして対策の課題」

スライド (1.3MB)

17:30-17:55

松田 裕之 (横浜国立大学環境情報研究院)

「水産資源・野生生物への影響」

スライド (0.6MB)

19:30-21:30           懇親会(アスペンホテル)

 

2011年11月6日(日)———————————

セッション4: アムール・オホーツク地域の社会と経済

座長: 楊 宗興(東京農工大学大学院農学研究院)

09:00-09:25

ヴィクトール・エルモーシン (ロシア科学アカデミー極東支部・太平洋地理学研究所)

「新プロジェクト『アムール川流域における持続可能な自然管理プログラムのための環境基準と限界』における課題と期待される成果」

スライド (4.5MB)

09:25-09:50

ナターリア・ミシナ (ロシア科学アカデミー極東支部・太平洋地理学研究所)

「アムール川流域ロシア領における環境問題:過去10年間の傾向と今後の見通し」

スライド (1.5MB)

09:50-10:15

張  柏 (中国科学院・長春東北地理農業生態学研究所)

「中国三江平原における土地利用研究」

スライド (1.5MB)

10:15-10:35           休憩

10:35-11:00

笪 志剛 (黒竜江省社会科学院東北アジア研究所)

「非伝統安全のリスクに直面する北東アジア諸国の喫緊的な課題に関して-生態安全と環境保全という視点からの情報享受に関して」

スライド (1MB)

11:00-11:25

封 安全 (黒竜江省社会科学院東北アジア研究所)

「ロシア極東地域の森林開発と利用」

スライド (0.4MB)

11:25-11:50

ピョートル・バクラノフ (ロシア科学アカデミー極東支部・太平洋地理学研究所)

「アムール川集水域における自然資源管理に関する新投資プロジェクト」

スライド (1.6MB)

11:50-12:15

吉田 進 (環日本海経済研究所 名誉理事長)

「北東アジアにおける経済協力の最近の特長」

スライド (1.2MB)

12:15-13:30           昼食

 

セッション5: 環オホーツク地域の環境保全に向けた国際連携

座長: 田畑 伸一郎(北海道大学スラブ研究センター)

13:30-13:55

ケン シク・トゥ (サハリン州立大学)

「アムール・オホーツク地域の持続可能な発展に向けた協力」

13:55-14:20

石川 清 (北海道漁業環境保全対策本部)

「サハリン・プロジェクトと北海道漁業」

スライド (6.6MB)

14:20-14:45

エリザベス・ウィシュニック (モントクレア州立大学・コロンビア大学ウェザーヘッド東アジア研究所)

「アムール川流域は危険に直面しているか?松花江における化学物質の流出の結末と中露協力に対する期待」

14:45-15:10

花松 泰倫(北海道大学スラブ研究センター)

「他地域における天然共有資源の保護に関する地域環境協力と条約の検討」

スライド (0.7MB)

15:10-15:40           休憩

 

総合討論: 環オホーツク地域の環境データ共有化にむけて

座長: 白岩 孝行(北海道大学低温科学研究所)

15:40-15:55

立花 義裕 (三重大学大学院 生物資源学研究科)

「我如何にしてロシア極東水文気象環境監視局と科学的連携を構築せしか」

スライド (1.9MB)

15:55-16:10

三寺 史夫 (北海道大学低温科学研究所)

「オホーツク海データのFERHRIとの共同解析について」

スライド (0.3MB)

16:10-17:40           総合討論

17:40-18:00           各国幹事からの挨拶

ロシア:ピョートル・バクラノフ(ロシア科学アカデミー極東支部・太平洋地理学研究所)

中国:笪 志剛(黒竜江省社会科学院東北アジア研究所)

モンゴル:オユンバートル・ダンバラジャー(モンゴル水文気象局)

日本:江淵 直人(北海道大学低温科学研究所)

 


Bookmark this on Hatena Bookmark
Share on Facebook

コメントは受け付けていません。