パイザカジノでの儲けと税金

カジノ 0件のコメント

パイザカジノで儲けたお金には税金がかかります。これはカジノの違法性の問題とは独立しており、合法だから課税されるとか違法だから課税されない、あるいはその反対の理論とは何の関係もありません。税務署としては合法か違法かの議論には加わるつもりはなく、ただ所得に対しては適切に納税をしてくださいと言うだけです。

これはパイザカジノ以外の他のオンラインカジノでも同じですし、その意味ではオンラインでなくて通常のカジノであっても同じことです。課税される所得の計算式としては、収入から支出を差し引き、さらに特別控除として50万円を差し引いた金額が一時所得となり、これに一定の税率を掛け算して算出されることになります。税率については一時所得の額にもよりますから一概には言えません。

また、よく問題となるのが支出です。収入についてはカジノで得た金額ですから分かりやすいのですが、支出についてはカジノで賭けた金額の全てではないことに注意する必要があります。賭けた金額の全てではなく、勝った賭けに賭けていた金額のみが支出として認められることになっています。

例えば1回目の賭けに1万円を賭けて負け、2回目の賭けに3万円を賭けて勝って6万円を得、3回目の賭けに5万円を賭けて負けたとしますと、収入が6万円であるのは異論のないところですが、支出はいくらでしょうか。3回の賭け金の合計である9万円と考えたいところかもしれませんがこれは間違いで、勝った賭けである2回目の賭け金の3万円のみが支出として認められるのです。何か納得いかないところかもしれませんがこれは裁判での判例としてもまず確定しており、異論を申し立てて変わるようなものではありません。